円を描く

void cvCircle(IplImage *image, CvPoint center, int radius, CvScalar color, int thickness, int line_type, int shift);

thickness以降は省略可能.

引数

  • image:IplImage*型の画像
  • center:CvPoint型の中心座標
  • radius:int型の半径
  • color:CvScalar型の色.CV_RGB(R,G,B)で指定できる
  • thickness:int型の線の太さ.省略可.デフォルト1.
  • line_type:4近傍か8近傍か.4か8で指定する.省略可.デフォルト8近傍.
  • shift:シフト量.省略可.デフォルト0.

返り値

  • void型なのでなし

解説

  • CvScalar型はCV_RGBマクロかcvScalar関数を使って指定する.
  • 入力の画像を直接いじる破壊型関数.
  • thicknessに負の値を指定すると塗りつぶされた円を描画する.

実体ファイル

  • cxcore/include/cxcore.h
  • cxcore/src/cxdrawing.cpp

ジャンル:OpenCV:OpenCV 1.1準拠


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-27 (木) 11:37:56 (2734d)