cvcamライブラリを利用してカメラから画像を取得する.

#contents

#stub

*int videoInput::devicesFound [#a051fe14]
-Windowsで標準でビルドすると、ffdshow経由でキャプチャする
-内部的にはvideoInputライブラリと呼ばれている
-この内部にdevicesFound変数があり、見つけたデバイスの数を保持している。
-が、videoInputライブラリ自体がprotectedな上に、VideoCaptureを継承しているVideoCapture_DShowクラスのメンバ変数なので、普通にはアクセスできない
-cvcamGetCamerasCount 自体はOpenCV 3.0 系列には存在しない。

*int cvcamGetCamerasCount(); [#le7b2e81]

接続されてるキャプチャデバイスの台数を返す
接続されてるキャプチャデバイスの台数を返す。OpenCV1.0時点の情報

**引数 [#z1a56120]
-なし

**返り値 [#s2ea904c]
-int型の台数

*解説 [#ac7d50a9]
-cvcamではhighguiに比べて細かいカメラの制御が可能.

*実体ファイル [#qe371743]
**OpenCV 1.0 (cvcamGetCamerasCount)[#i52251ec]
-otherlibs/cvcam/include/cvcam.h
-otherlibs/cvcam/src/windows/cvcam.cpp (Windows版)
**OpenCV 3.0 [#j37c68bd]
-videoio/src/cap_dshow.cpp
-videoio/src/cap_dshow.hpp

ジャンル[[:OpenCV]]
ジャンル[[:OpenCV]][[:OpenCV 1.0]][[:OpenCV 3.0]]準拠


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS