画像のサイズを変更する
#contents

*void cvResize( IplImage* src, IplImage* dst, int interpolation); [#l7ed0e00]
**引数 [#j5933664]
-src:IplImage*型の入力画像.CvMat*も可
-dst:IplImage*型の出力画像.CvMat*も可
-interpolation:内挿方法をint型で指定する
--CV_INTER_NN(0):最近傍
--CV_INTER_LINEAR(1):線型内挿
--CV_INTER_CUBIC(2):3次畳み込み内挿
--CV_INTER_AREA(3):モアレを軽減させる内挿方法
--省略した場合は線型内挿
**返り値 [#j2448e98]
-void型なのでなし
*解説 [#u69f752d]
-倍率は指定せず,srcとdstのサイズから自動的に拡大/縮小される
-srcとdstはタイプが同じ必要がある(32Fや64Sなど)
-CV_INTER_AREAは
--縮小時のみ有効
--拡大時に指定しても線型補間になる

*サンプルコード [#q4641c7c]

*実体ファイル [#zff04bcb]
-cv/src/cvimgwarp.cpp
-cv/include/cv.h

ジャンル[[:OpenCV]]
ジャンル[[:OpenCV]][[:OpenCV 1.0]]準拠


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS