画像のサイズを変更する

void cvResize( IplImage* src, IplImage* dst, int interpolation);

引数

返り値

void resize(Mat& src, Mat& dst, Size size, double sx, double sy, int interpolation);

C++版インタフェース.少なくとも2.2以降ではC++版が実体でC版がラッパー

引数

返り値

解説

CvMat* cvReshape( IplImage* src, CvMat* dst, int new_channels, int new_height );

引数

返り値

Mat Mat::reshape(int new_channels, int new_height);

C++版.cvReshapeは通常の関数だが,reshapeはMatのメンバ関数なのでラッパー関係にはない

引数

返り値

解説

サンプルコード

実行結果

1.jpg
2.jpg
3.jpg

実体ファイル

cvResize

cvReshape

その他

ジャンル:OpenCV:OpenCV 1.0:OpenCV 1.1:OpenCV 2.0:OpenCV 2.1:OpenCV 2.2:OpenCV 2.3:OpenCV 2.4準拠


添付ファイル: file1.jpg 4760件 [詳細] file2.jpg 4668件 [詳細] file3.jpg 4577件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-04 (水) 12:12:11