諸所の理由からSVN環境をセットアップすることに.

SVN(Subversion)

VisualSVN

サーバ

クライアント

トラブル

クライアントがらみ

アイコンのオーバーレイが壊れたとき

アイコンのオーバーレイが消えたとき

REPORT (URL: '/svn/hogehoge/hogehoge'): Could not read chunk size: Secure connection truncated (https://some.where.repository.jp/ )

TortoiseSVNのアイコンがおかしい

  1. 時間の問題
    • ファイルのコミット直後は,リポジトリと整合性が取れたと言う情報が,TortoiseSVN経由で反映されるまで時間がかかる.
    • この場合はエクスプローラのF5(表示(V)→最新の情報に更新(R))で消える.
  2. ディレクトリの整合性
    • Aというディレクトリ内のファイルBと,その子ディレクトリCの下のファイルDを編集
    • 同時にコミットした.
    • コミット直前には,ディレクトリA内で,ファイルBと子ディレクトリCに赤!が付いている.
    • コミット後は,何故かファイルBは緑チェックに変わり,子ディレクトリCには赤!が付いたまま
    • これもしばらく待てば良いのだが,結構時間がかかる気がする.
    • この場合の解決方法としては,子ディレクトリCに入る
    • そのディレクトリC以下に新しいディレクトリEを作る
    • 表示が更新され,赤!が緑チェックに変わる
    • ディレクトリEを消す
    • 多分キャッシュの問題で,ディレクトリを作る際にキャッシュをクリアする作業が行われるのだと予想している.
  3. 本当にファイルがコミットされてない場合
    • アプリケーションがファイルにロックをかける場合,編集中のファイルを,クローズする際にも情報が書き換わる
    • 結果,コミットしたあとにも,ファイルに赤!が付いたままとなる.
    • 確認するためには,TortoiseSVNの変更を確認メニュー(svn status コマンド相当)を実行して,ファイルに「Modified」印が付いていないか確認.

コミットしたら'subversion checksum mismatch'とエラーが出てコミットできない

コマンドライン (Command line interface on Windows)

SVNのリポジトリを移動するコマンド

#stub

OpenCVのリポジトリにアクセスするのに認証を求められる

SVNのexternal属性

Subversion のリビジョン番号をソースコードに含める

作業コピーのリビジョン番号をコマンドラインで調べる

Subversion 1.7をCentOS(RH系Linux)にインストールする

Pristine Text Not Present

Subversionに実行権限情報も保存する

Subversion で黒歴史を修正する

特定のリビジョンのコミットを取り除く

restoring icon overlays from tortoise SVN


*1 これすごい!

添付ファイル: fileTortoiseSVN-properties.png 2432件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-19 (木) 17:24:55