ヒストグラムのあれこれ

CvHistogram型

  • type:int型のtype
    • CV_HIST_ARRAY
    • CV_HIST_SPARSE
    • のどちらか
  • bins:CvArr*型の実データ格納場所
    • typeによって,実体は代わるが,CvMatND*と考えればよい
  • thresh:float型の2重配列
  • thresh2:float**型

CvHistogram *cvCreateHist(int dims, int* sizes, int type, float** ranges, int uniform);

CvHistogramを作る

引数

  • dims:int型のヒストグラムの次元数
  • sizes:ヒストグラムの各次元の分割数
  • type:int型のタイプ.とりあえずCV_HIST_ARRAY
  • ranges:float**型の各分割領域のレンジ
  • uniform:int型のフラグ.一様な分布を調べるかどうか

返り値

  • 確保されたCvHistogramのポインタ.

解説

  • OpenCVを用いてヒストグラムを計算するための構造体

実体ファイル

  • cxcore/include/cxtypes.h (CvHistogram)
  • cv/include/cv.h (cvCreateHist)
  • cv/src/cvhistogram.cpp (cvCreateHist)

ジャンル:OpenCV:OpenCV 1.0準拠


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-27 (木) 11:21:55 (2738d)