cvSetImageROIで画像の一部分にマスクをかける.

void cvSetImageROI(IplImage* image, CvRect roi);

IplImage*型のimageにROI(Region Of Interest)を設定して,roiの大きさにマスクを掛けられる.

引数

  • image:IplImage*型の画像.
  • roi:CvRect型の領域.

返り値

  • voidなのでなし

void cvResetImageROI(IplImage *image);

IplImage*型のimageのROIを初期化(=マスクを全体に設定)する.

引数

  • image:IplImage*型の画像.
  • roi:CvRect型の領域.

返り値

  • voidなのでなし

解説

  • OpenCVで実装されている関数は殆どROIを有効に扱う(らしい).
  • マスクを掛けた部分と,その部分だけを新しいファイルに切り出して使うのと,両者とも等価に扱えるようだ.
  • 初期状態ではマスクは全体にかかっていることになっている.
  • cvResetImageROIを使えばROIの設定をクリアして,元の画像として使える.
  • 行列からベクトルの切り出しも参照すること

サンプルコード

  • (150,110)-(170,130)の正方形を切り抜く場合
    cvSetImageROI(image, cvRect(150,110,20,20));
  • (0,0)-(200,150)の正方形を切り抜く場合
    cvSetImageROI(image, cvRect(0,0,200,150));
  • ROIをリセットする場合
    cvResetImageROI(image);

実体ファイル

  • cxcore/src/cxarray.cpp
  • cxcore/include/cxcore.h

ジャンル:OpenCV:OpenCV 1.0準拠


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-27 (木) 11:40:55 (2734d)