CvMatとIplImageでの要素の対応.(2.0以降)cv::Matでも同様のものが使われる.

要素の対応

符号バイト数CvMat(実際の値)IplImage(実際の値)Cの変数型でいうところの
1-IPL_DEPTH_1U(1)unsigned char
1CV_8U(0)IPL_DEPTH_8U(8)unsigned char
1CV_8S(1)IPL_DEPTH_8S(0x80000008)char
2CV_16U(2)IPL_DEPTH_16U(16)unsigned short
2CV_16S(3)IPL_DEPTH_16S(0x80000010)short
4CV_32S(4)IPL_DEPTH_32S(0x80000020)int
4CV_32F(5)IPL_DEPTH_32F(32)float
8CV_64F(6)IPL_DEPTH_64F(64)double
--CV_USRTYPE1(7)-

行列の要素タイプを知るためには

  • matrix という CvMat型のポインタがあったとして
    CvMat *matrix = cvCreateMat(3, 3, CV_32FC1);
    
    if(CV_MAT_TYPE(matrix->type) == CV_32F)
  • みたいな使い方ができる
  • CV_MAT_TYPE(flags) 下記実体ファイルに併記されている

実体ファイル

OpenCV 1.1以前

  • cxcore/include/cxtypes.h

OpenCV 2.0,2.1

  • include/opencv/cxtypes.h

OpenCV 2.2

  • modules/core/include/opencv2/core/types_c.h

ジャンル:OpenCV:OpenCV 1.1:OpenCV 2.0:OpenCV 2.1:OpenCV 2.2準拠


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-03-03 (木) 10:25:01 (2458d)