主にOpenCVが実行時/ビルド時に参照する環境変数の一覧

実行時

  • getenv関数が内部で使用されており、これにより環境変数を取得している

ENV_OPENCV_DNN_TEST_DATA_PATH

  • dnnモジュール

ENV_OPENCV_TEST_DATA_PATH

  • dnnモジュール

GTEST_TEST_FILTER_ENV_VAR_

  • tsモジュール

OPENCV_CPU_DISABLE

  • coreモジュール

OPENCV_DNN_TEST_DATA_PATH

  • dnnモジュール

OPENCV_DSHOW_DEBUG

  • videoioモジュール

OPENCV_DUMP_CONFIG

  • coreモジュール

OPENCV_FFMPEG_DLL_DIR

  • videoioモジュール

OPENCV_FOR_THREADS_NUM

  • coreモジュール

OPENCV_IPP

  • coreモジュール

OPENCV_IPP_CHECK

  • tsモジュール

OPENCV_LEGACY_WAITKEY

  • highguiモジュール

OPENCV_OPENCL_BUFFERPOOL_LIMIT

  • coreモジュール

OPENCV_OPENCL_DEVICE

  • coreモジュール
  • 複数のOpenCLデバイスがあったときに、どれを優先的に利用するか、環境変数で指定する
    <Platform>:<CPU|GPU|ACCELERATOR|nothing=GPU/CPU>:<deviceName>
  • のフォーマットで指定する
    • 1番目のGPUを利用
      :GPU:0
    • GPUを使わず、CPUでOpenCLを走らせる
      :CPU
    • OpenCLを無効化
      disabled
    • platformに指定できるのは
      • NVIDIA
      • CUDA (NVIDIAを指定した時と同じ挙動)
      • ARM
      • Intel
      • AMD
      • など

OPENCV_OPENCL_FORCE

  • coreモジュール

OPENCV_OPENCL_HOST_PTR_BUFFERPOOL_LIMIT

  • coreモジュール

OPENCV_OPENCL_PERF_CHECK_BYPASS

  • coreモジュール

OPENCV_OPENCL_PROGRAM_CACHE

  • coreモジュール

OPENCV_OPENCL_RAISE_ERROR

  • coreモジュール

OPENCV_OPENCL_RUNTIME

  • coreモジュール

OPENCV_OPENCL_SVM_BUFFERPOOL_LIMIT

  • coreモジュール

OPENCV_OPENCL_SVM_CAPABILITIES_MASK

  • coreモジュール

OPENCV_OPENCL_SVM_DISABLE

  • coreモジュール

OPENCV_OPENCL_SVM_DISABLE_UMAT_USAGE

  • coreモジュール

OPENCV_OPENCL_SVM_FORCE_UMAT_USAGE

  • coreモジュール

OPENCV_PERF_VALIDATION_DIR

  • tsモジュール

OPENCV_PYTHON_BINARY

  • tsモジュール

OPENCV_TEGRA

  • coreモジュール

OPENCV_TEMP_PATH

  • coreモジュール

OPENCV_TEST_DATA_PATH

  • tsモジュール
  • opencv_extraのパスの置き場
  • opencv_extraのリポジトリの直下のtestdataのパスを指定する
  • 例 /home/user/opencv_extra がリポジトリ場所だとしたら、 /home/user/opencv_extra/testdata を指定する

OPENCV_TRACE

  • coreモジュール

OPENCV_TRACE_DEPTH_OPENCV

  • coreモジュール

OPENCV_TRACE_ITT_PARENT

  • coreモジュール

OPENCV_TRACE_LOCATION

  • coreモジュール

OPENCV_TRACE_MAX_CHILDREN

  • coreモジュール

OPENCV_TRACE_MAX_CHILDREN_OPENCV

  • coreモジュール

OPENCV_TRACE_SYNC_OPENCL

  • coreモジュール

OPENCV_VIDEOCAPTURE_DEBUG

  • videoioモジュール

ビルド時

ANT_DIR

Atlas_ROOT_DIR

DESTDIR

EIGEN_ROOT

GSTREAMER_DIR

HOME

IPP_ASYNC_ROOT

MFX_HOME

MKLROOT

NVSDKCOMPUTE_ROOT

OPEN_NI_INSTALL_PATH

OPEN_NI_INSTALL_PATH64

OPEN_NI_LIB

OPEN_NI_LIB64

OpenBLAS_HOME

OpenBLAS

OPENCV_DOWNLOAD_PATH

OPENCV_IPP_PATH

OPENNI2_INCLUDE

OPENNI2_INCLUDE64

OPENNI2_LIB

OPENNI2_LIB64

OPENNI2_REDIST

PCSDK_DIR

ProgramFiles

SystemDrive

TBBROOT

VA_INTEL_IOCL_ROOT

VA_INTEL_MSDK_ROOT

コードのリビジョン

  • 3.3.0-rc (git の ce6b06e)

:OpenCV


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-21 (木) 17:40:36 (28d)