概要

  • ターゲットはWindows 7 (64bit)
  • OpenCVのバージョンは2.4.9
  • ビルド環境はVS2012
  • CMakeのバージョンは2.8.12.2
  • OpenCVをソースからビルドして何が良いって、OpenCVのソースコード内をブレークポイントで飛び込めるってことだよね。

パッケージのダウンロード

  • まずはパッケージのダウンロード。http://opencv.org/ から OpenCV for Windows をダウンロードする
  • oepncv-2.4.9.exe というファイル名
    • 参考までにローカルのハッシュ値は
    • MD5: CDC4BEED0307E902C3A51F7145BD5DC7
    • SHA-1: AEC6BE5CD5181A91D0C867A09936666C1AAF8C27
    • SHA-256: 463B426C2D9D8BE1A93112D4DD2613C99820EFB82F0D9DDC73D638B9048796CD
  • 実行すると、展開場所を指定させられる
    • 指定したディレクトリ以下に、
    • build
    • sources
    • の2つのディレクトリが作成される
  • buildディレクトリ
  • sourcesディレクトリ
    • ビルドするためのソースコードなどがある
    • 今回はビルドするために、こちらを使う

ビルド前準備

  • ビルドするためにsourcesディレクトリ以下を配置させたい場所に移動させる
  • 今回はc:\直下に配置する
  • cmakeでソリューションファイルを作成する
  • cmake(GUI版を起動する)
  • Sourceの場所を指定する
    • 今回はC:/opencv
  • Buildの場所を指定する
    • 今回は C:/opencv/build を指定する。
  • Configureボタンを押す
  • C:/opencv/build が無いと文句を言われるので、ディレクトリの作成に同意する
  • コンパイラのバージョンを聞かれるので、Visual Studio 11を指定する
    • 違うコンパイラを指定する場合はここでターゲットを変更する
    • Visual Studio 2010→VS10
    • Visual Studio 2012→VS11
    • Visual Studio 2013→VS12
    • と、微妙に表記と数字がずれるので注意
  • Configureボタンを押す
    • 今回は何も変更せずにそのままもう1度Configureボタンを押す
  • Generateボタンを押す
  • C:\opencv\build\OpenCV.sln が作成される。

ソースコードのビルド

  • 前のステップまでで生成されたOpenCV.sln を Visual Studio 2012で開く
  • 大量にプロジェクトが読み込まれるので、バッチビルドする。
  • ビルド(B)→バッチビルド(T)でバッチビルド画面を出す
  • バッチビルドでALL_BUILDのdebug/release両方を選択する
  • それからINSTALLのdebug/release両方を選択する
  • さっくりビルドが終わった。
  • 20分ぐらいかかる。

インストール

  • INSTALLプロジェクトをビルドするとインストールされる
  • デフォルトだと
    • C:/opencv/build/install
  • 以下に
    • include
    • x86
  • が生成され、x86以下には
    • vc11
      • bin
      • lib
  • が生成される
  • include以下には、headerファイルが
  • bin以下にはdllファイルが、
  • lib以下にはlibファイルが、
  • それぞれ配置される

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-05-29 (木) 23:25:22 (1061d)