FrontPage

  • Kickstarterのページ
  • 本家
  • 正式名称はPINE A64っぽいのだが、公式のケースにPINE64って書いてあるし、本家のサイトのURLもpine64だし、PINE64と読んでも間違いではなさげ
  • Both BASIC and PLUS model uses the Allwinner A64 SoC. The SoC contains a quad-core ARM Cortex A53 64-bit CPU with floating point, running at 1.2Ghz, and a dual-core MALI-400 MP2 GPU running at 500MHz. The GPU has a high performance 3D core accessed using the supplied OpenGL ES2.0 and OpenVG libraries.*1
    SoCAllwinner A64
    CPUArm Cortex A53 1.2GHz Quad-core
    GPUMali 400 MP2 500MHz Dual-core
    Memory512MB,1GB,2GB
  • 2016年の暮にpinebookが発表された

購入品

  • PINE A64+ 2GB版

スペック

  • PINE64 2台目の64bitOS
  • CPU:Cortex-A53
  • kernel
    $ uname -a
    Linux localhost.localdomain 3.10.65-7-pine64-longsleep #28 SMP PREEMPT Sat Apr 23 20:13:25 CEST 2016 aarch64 aarch64 aarch64 GNU/Linux
  • OS
    $ lsb_release -a  
    Distributor ID:	Ubuntu
    Description:	Ubuntu 16.04 LTS
    Release:	16.04
    Codename:	xenial
  • cpuinfo
    $ cat /proc/cpuinfo
    Processor	: AArch64 Processor rev 4 (aarch64)
    processor	: 0
    processor	: 1
    processor	: 2
    processor	: 3
    Features	: fp asimd aes pmull sha1 sha2 crc32 
    CPU implementer	: 0x41
    CPU architecture: AArch64
    CPU variant	: 0x0
    CPU part	: 0xd03
    CPU revision	: 4
    Hardware	: sun50iw1p1
  • lscpu
    $ lscpu
    Architecture:          aarch64
    Byte Order:            Little Endian
    CPU(s):                4
    On-line CPU(s) list:   0-3
    Thread(s) per core:    1
    Core(s) per socket:    1
    Socket(s):             4
    CPU max MHz:           1344.0000
    CPU min MHz:           480.0000
    Hypervisor vendor:     (null)
    Virtualization type:   full
  • auxv
    $ xxd -e -g8 /proc/self/auxv
    00000000: 0000000000000021 0000007fa8954000  !........@......
    00000010: 0000000000000010 00000000000000fb  ................
    00000020: 0000000000000006 0000000000001000  ................
    00000030: 0000000000000011 0000000000000064  ........d.......
    00000040: 0000000000000003 000000556835d040  ........@.5hU...
    00000050: 0000000000000004 0000000000000038  ........8.......
    00000060: 0000000000000005 0000000000000008  ................
    00000070: 0000000000000007 0000007fa892a000  ................
    00000080: 0000000000000008 0000000000000000  ................
    00000090: 0000000000000009 000000556835f3d8  ..........5hU...
    000000a0: 000000000000000b 00000000000003e8  ................
    000000b0: 000000000000000c 00000000000003e8  ................
    000000c0: 000000000000000d 00000000000003e8  ................
    000000d0: 000000000000000e 00000000000003e8  ................
    000000e0: 0000000000000017 0000000000000000  ................
    000000f0: 0000000000000019 0000007fdc722308  .........#r.....
    00000100: 000000000000001f 0000007fdc723feb  .........?r.....
    00000110: 000000000000000f 0000007fdc722318  .........#r.....
    00000120: 0000000000000000 0000000000000000  ................
  • gcc
    $ gcc --version
    gcc (Ubuntu/Linaro 5.4.0-6ubuntu1~16.04.4) 5.4.0 20160609
    Copyright (C) 2015 Free Software Foundation, Inc.
    This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
    warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
    
  • 以下はPINEBOOKの相違点。基本的にはPINE64をくるんだもの。
  • kernel
    $ uname -a
    Linux pinebook 3.10.105 #3 SMP PREEMPT Wed Apr 19 10:05:05 MYT 2017 aarch64 aarch64 aarch64 GNU/Linux

初期設定

アップデート

  • アップデートが降ってきているので、インストール。
    ubuntu@localhost:~$ sudo apt-get -y update
    ubuntu@localhost:~$ sudo apt-get -y upgrade
  • gparted でパーティション操作する前だったというのに、容量が7.0G分あるので、なんとかなっている。

パーティションの操作

  • gpartedを使う
    ubuntu@localhost:~$ sudo apt-get -y install gparted
    ubuntu@localhost:~$ sudo gparted
  • そしてgpartedを実行する。
  • gparted で、/dev/mmcblk0p2 の領域を目一杯に拡張。
  • Apply pending operations で領域拡張を実行

Time zoneの変更

  • 右上のメニューからTime Zoneを選ぼうとしてもウィンドウが出てこなかったので、スタートメニューのTime and Date Settings から選択
  • Unlockを押してルート権限を奪取。
  • 設定が終わったら、時刻表示が直らないので、reboot

パッケージのインストール

  • いつものをまとめてインストール
    $ sudo apt-get install -y ssh cmake git build-essential vim libgtk2.0-dev openjdk-8-jre-headless
  • openjdk-8-jre-headlessはJenkins用なので、通常は不要
  • 64bit ArmでOpenCVをビルドするとlibpngのビルド+OpenCVとのリンクでこけるので、libpngのパッケージだけインストールしておく
    $ sudo apt-get -y install libpng16-dev libpng16-16
  • OpenCVのビデオ入出力で使うために、ffmpeg関連のパッケージをインストールする。libavcodec-devだけで、依存関係のために(libavutil-dev、libswresample-dev、libavutil-dev、libswresample-dev)のパッケージ群もインストールされる
    $ sudo apt-get -y install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev

SSHの設定

  • sshでログインできないので、apt-get install sshを実行。
  • sshがserviceに登録されて自動起動するか、再起動して確認。
  • sshは自動起動しないので、自動起動するように設定する。
  • How to install SSH Server on Ubuntu 16.04 Xenial Linux*2
    $ sudo apt-get install ssh
    $ sudo service ssh start
    $ sudo systemctl enable ssh

SSH鍵の生成

  • とりあえずecdsa型で鍵を生成
    ubuntu@localhost:~$ ssh-keygen -t ecdsa
    Generating public/private ecdsa key pair.
    Enter file in which to save the key (/home/ubuntu/.ssh/id_ecdsa):
    Created directory '/home/ubuntu/.ssh'.
    Enter passphrase (empty for no passphrase):
    Enter same passphrase again:
    Your identification has been saved in /home/ubuntu/.ssh/id_ecdsa.
    Your public key has been saved in /home/ubuntu/.ssh/id_ecdsa.pub.

pinebookのセットアップ

  • 基本的に購入時にUbuntu16.04がインストールされてるので便利

アップデート

  • やったけど不要だった
    sudo apt update && sudo apt upgrade

ctrlキーの割当

  • Ubuntu Mateだったので、GUI画面から
  • System -> Preferences -> Hardware -> Keyboard を起動
  • Layouts のOptions 画面から Caps Lock key behavior の項目を選び
  • Make caps Lock an additional Ctrl を選択

タイムゾーンの選択

  • System -> Administration -> Time and Date からUnlockしてタイムゾーンを変更

インストール

  • 使うものを諸々インストール
    sudo apt install cmake vim libgtk-3-dev

SSH鍵の生成

トラブル

起動時にロゴが表示されたのち、画面が真っ暗のまま帰ってこない

  • おそらく故障
  • 経験で、どうにも「再起動」が良くない
  • 再起動時になにか変な状態になり、正しくシャットダウンできない
  • その状態で強制終了するとどうにもなくなり、OSをmicroSDからflashするしかなくなる
  • 2017-04-27時点でFlashツールはPINE64から未リリース

Arm:Arm?:Arm Cortex A53?


*1  PINE A64, First $15 64-Bit Single Board Super Computer by PINE64 Inc. - Kickstarter, 2016-03-17閲覧
*2  How to install SSH Server on Ubuntu 16.04 Xenial Linux, 2016-05-22閲覧

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-10 (火) 13:47:54 (46d)