VPNはVirtual Private Networkの略で,

自宅---プロバイダ---職場のルータ---VPNサーバ

と言う構成のとき,職場のルータの内側にあるLANポートへ直接接続しているイメージ.

インターネットが有効にならない

  • 症状:インターネットに接続しようとするとことごく,「サーバが見つかりません」となる
  • 原因:DNSの設定が必要
    • VPNで接続すると,職場のネットワークの内側から職場のルータを通じてインターネットにアクセスする
    • その際,名前解決にDNS(通常はプロバイダから提供されているもの)にアクセスする.
    • しかし,職場のルータを通じてアクセスするので,プロバイダのDNSからするとインターネット側から問い合わせがあったように見える
    • セキュリティ上,DNSは外部からの問い合わせに答えない
    • よって名前解決に失敗し,「サーバが見つかりません」となる
  • 対処方法:職場のDNSを直接指定する.
    • 職場にもDNSがあるはず*1
    • そのDNSのIPアドレスを,VPNのプロパティに設定する
    • [コントロールパネル]→VPNの項目のプロパティ→[ネットワーク]タブ→[インターネットプロトコル(TCP/IP)]→[プロパティ]→[次のDNSサーバーのアドレスを使う]を選択
    • [優先DNSサーバー]の項目に職場のDNSのアドレスを記述する

windowsのファイル共有が出来ない

  • 症状:Windowsのファイル共有機能を使うと,「ネットワークパスが見つかりません」となる
  • 原因1:DNS Suffixが有効だから?
    • 自宅の環境でDHCPを有効にしていると,通常プロバイダから付与されたIPアドレス,DNS Suffixを利用する*2
    • そのため,欲しいIPアドレスを調べることが出来ない
  • 対処1:DNS Suffixを与える
    • [コントロールパネル]→VPNの項目のプロパティ→[ネットワーク]タブ→[インターネットプロトコル(TCP/IP)]→[プロパティ]→[詳細設定]→[DNS]タブ→[以下のDNSサフィックスを順に追加する]を選択→[追加]ボタン→職場と同じDNS Suffixを追加
  • 原因2:IPのネットマスク
    • 自宅のネットマスクと職場のネットマスクがかぶってるとブロードキャストのパケットが職場に届かない
  • 対処2:自宅のネットワークアドレスを変える必要がある
    • かぶる可能性としては職場,自宅両方でプライベートアドレスを使ってる場合
    • 192.168.0.*でかぶってるとしたら,自宅のネットワークアドレスを192.168.1.*に設定しなおすと良い*3

*1 無かったらインターネットが利用できないので
*2 通常,自宅と職場のDNS Suffixは違う
*3 最近の無線LANルータは192.168.1.*で振ってる気がする

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-16 (土) 21:05:32 (3109d)