dhcpを使って固定IPを振る.

  • なんかあべこべな気がするが,
    • クライアントが複数のOSをマルチブート
    • サーバでクライアントのIPを集中管理
  • な場合に便利

FreeBSDでやる場合

dhcpd.confの編集

  • dhcpdのインストールは割愛.
  • 今回,インストールした場所が/usr/local/以下だったので
  • 設定ファイルは /usr/local/etc/dhcpd.conf
  • 以下の記述を追加
host hogehgoe{
 hardware ethernet **:**:**:**:**:**;
 fixed-address ###.###.###.###;
}
  • **にはNIC(LANカード,無線LANチップ)のハードウェアアドレスを記述する.
  • 実際には16進数で2桁6組の番号
  • ###は適当なIPアドレスを10進で設定

再起動

  • シェルスクリプトを使って再起動
    /usr/local/etc/rc.d/isc-dhcpd.sh restart (FreeBSD)
    /etc/init.d/dhcpd restart (CentOS)

IPアドレス更新

  • 最後にローカルマシンでIPアドレスを更新すると特定のIPが取得できる.

dhcpd.lease

  • dhcpが配布した動的なIP一覧はdhcpd.leaseに記載される
  • /etc/lib/dhcpd/dhcpd.lease とか /var/db/dhcpd.leaseとかにあったりする.
    • インストール時の設定しだい
  • ファイルの中にIPアドレス,MACアドレス,配布日時と有効期限が,あとオプションでホスト名が書かれていたりする.
    • 配布日時と有効期限は設定にかかわらずGMT表記.
    • dhcpd開発チーム公式の仕様のようで,近いうちに修正予定はまったく無いんだとか.
    • ホスト名はマシンがホスト名を宣言した場合のみ
    • starts, endsはそれぞれリース開始/終了日と時刻が記述されている
    • 日付の前の一桁の数字は曜日を表す.

/var/log/messages に If this DHCP server is authoritative .... と表示される

If this DHCP server is authoritative for that subnet,
please write an `authoritative;' directive either in the
subnet declaration or in some scope that encloses the
subnet declaration - for example, write it at the top
of the dhcpd.conf file.
  • このメッセージが/var/log/messagesなどに繰り返し登場する.
  • dhcpd.confにちゃんと宣言が書かれてないと発生するwarningだが,別段動作に変化はない.
  • 参考サイトを色々見ても,dhcpd.confの上から3行目に"not authoritative;"と書けと指示されている.
  • が,それでもメッセージが消えなかったので,とりあえず"authoritative;"と書いてみた.
  • 現在はとりあえず静かになっている.
  • 参考:http://fedorasrv.com/dhcp.shtml
  • 参考:http://centossrv.com/dhcp.shtml

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-07 (水) 16:55:55 (3329d)